hp-blog-01
アントニオは、ローマの野良猫。誕生日は2月14日。
冬の寒い日、古いイタリアンレストランの裏で生まれました。
みんながバレンタインを祝う中、彼はひとりぼっちで石の上で横たわり、寒くておなかもぺこぺこでした。

彼は パンテオンの裏手にある、美味しいエスプレッソのお店“サンテウスタキオ カフェ”
のすぐ近くで育ちました。

夏の午後は、パンテオンのひんやりした大理石をベッドにしてお昼寝。
のんびりと野良猫ライフを満喫していました。

ところが、彼が4歳、 猫年齢で32歳になったある日、突然、旅に出ることを決意。
人生の目的を探しに、ふらふらと旅立ったのです。

アントニオにとって、人ごみをすり抜けて歩くのはお手のもの。
彼はローマの街に漂う美味しい香りを楽しみながら、鼻の向くまま気の向くまま、
歩くのが大好きでした。
中でもアントニオが一番気に入っていたのは、世界でも有名なバニラメレンゲジェラートと
マキアートの香り。
ただ時々、香りにつられて歩いていると、アントニオが一番嫌いな場所「ナヴォーナ広場」
にたどりついてしまうことがありました。

なんで嫌いかって?
それは、ハトの大群がいるから。
ナヴォーナ広場と 3つの噴水のあたりは、ハトだらけ。

よりによって今夜は、気が付いたらここにいた。
「Mamm mia (なんてこった!!!)」

案の定、ハトがアントニオにちょっかいを出してきた。 

「ぎゃ~~~」
アントニオは、平常心を奪われ取り乱してしまった。
闘争心むきだしで、アントニオに襲い掛かるハト。

「うりゃ~!負けてたまるか!」
ついにアントニオの狩猟本能が目を覚ました。
「僕にだって、抜群の安定感と、気高い猫のプライドがあるんだ!」

いつもはやらっれぱなしだけど、今夜のアントニオは、いつもとひと味違う。
栗色のハトと差し向かいになり、追っかけまわした。

続→ティラミスと初めての出会い

ツイッター       FaceBook